ホーム > スタッフブログ > これぞ「塗り壁リフォームの正しい在り方」後編
スタッフブログ

これぞ「塗り壁リフォームの正しい在り方」後編

これぞ「塗り壁リフォームの正しい在り方」後編

ナチュラワイズでマンションのリフォーム工事 数あれど
これぞ「塗り壁リフォームの正しい在り方」といえるであろう
江東区 リバーサイドマンションのA様邸の施工例をご紹介します。

これからリフォームをお考えの皆様にはとても参考になるはずです。

01bafd7192f023c0db1ab120af3095d434e5e3c529

さて、前編はお客様との出会いを書かせていただきました。

http://www.naturalwall.jp/?p=3683

今回は、実際の作業を振り返ります。
塗り壁の前のクロス剥がし、養生からはじまって、
電気屋さん、タイル屋さん、畳屋さんのことなど
左官以外のこまかい工事の細部までを解説していきます。

内部施工方法 02

塗り壁作業の流れは 上記のまとめを参考にしてください。

***********

ここから本題です。

 01c9939c5b3de19c870311b19b6c350be2e0e4e313

事前調査の際には、お客様といっしょに床の傷チェックをします。
工事の後、もめることのないように確認しておくことで
両者が気持ち良く工事に臨めるようにという配慮です。

01985dc97e0c7b7c1c5f655abd91962f8f4bc6bfb0

工事初日は、養生からはじまります。

ナチュラワイズの工事では 床部フローリングの上に
プラべニアを敷き、さらには、ブルーシートを敷きます。
クッション性のプラべニアで脚立などからの傷つきを防止、
水たれや塗料汚れにはブルーシートと、2重に保護します。

その後、巾木、建具、窓、家具などをマスキングします。

0195c758b45fad54b6a87402463fd30ed24f8b5595_00001

洗面所のマスキング養生、完璧です。

01926633ed477bf1dd55240eef165ddc8c0ac5c397

基本的にビニールクロスは剥がします。
状況によってはタッカー留めでクロスの上から施工する方法もありますが、
塗り壁は水を使うので 水を吸ったクロスは浮いてくるし、
材料の重さで剥がれる危険性もあるので、極力剥がすことをお勧めします。

特に天井は、剥がさないで施工することは避けた方が良いです。

内部施工方法 01

クロスを剥がす際にやっかいなのが「裏紙」の残り。
裏紙までしっかり剥がすのに有効なのがアク止めシーラー
ローラー、刷毛で塗ることでがんこな裏紙が浮いてきます。
そこをすかさずスクレイパーで すくい取るのです。

 0110d47de753a836a929f6e71ef6f23c01cb6eee0d

アク止めにはカチオン系の浸透性シーラーがおすすめ、
2日にわけて 2~3回 しっかり塗布しましょう。

 内部施工方法 04

ここで塗りムラや塗り残しがあると、漆喰を塗った際にアクが発生します。
でも、もしもアクが出ても安心してください。
カルクファルベという漆喰補修塗料を上から塗れば しっかり消えます。

017625ac38a811d10e74a6c9097411041252653d49

ドアや引き戸など、作業過程で行き来の邪魔になったり
効率のわるくなりそうな部位は最初の時点で外します。

これも傷つかないようにクッションで包んで保管します。

01b2a4813debf7035b1bc104892b9bd70f6156e8fd

吊り戸の扉など、隅っこの仕上げが難しそうなので外しました。
内側には、どこの扉かわかるようにシールに記入しておきます。

01d6b0b4bfbe05db412f48bc46750dc9bffa3b38e4

電気屋さんに、スイッチ、コンセントボックスなど
各種器具を壁から緩めてもらいます。

塗り終わって乾燥期間を経てから ふたたび取り付けてもらいます。

014e65adbccaea5926892911b59987bd988c696147_00001

トイレの手洗い場、水はねがある部分にはタイルが良いです。
漆喰は水を吸う特性があるので、お掃除しやすいタイルがお勧め。

016871902bf9f7baef0e7a451c47aa745f4b2ebe31

タイル屋さんにエコカラットを貼ってもらいました。

014e8a5ab6758977ba51a9b2c520e002d6e986c26f

タイル貼り終わりました。タオルかけの根元に注目。
しっかり穴をあけて取り付けてあります。

 01b48826422eec562593b8423384cafe18a07d2486

さて、意外と面倒なのが カーテンボックス
ここも塗り仕上げるまえに一旦レールを外しておきます。

01be1ada70df2bd7f3bdec74edd8e1260dc589eb29_00001

この日は、出勤前のお施主様に立ち会っていただき
しっくい塗りの仕上げパターン確認をしていただきました。

石膏ボードをご用意して仕上げ担当の亜沙子さんが
実際に鏝で塗って その場で見て、選んでいただきます。

011da159b444c6cd02f1e2fd09dd6d17115d65a781

仕上がりは、鏝ラフの引きずり仕上げに決定しました。

01949b5ce317c4436ea78e09fe1d79e90ab40e2ca1

自然な風合いで評判のパターンです。
コンセント周りは、少し押さえ気味にしておきます。

01835f5607bc530ab8e50e39adbec1b9d5a42f971c

左官工事が仕上がって2日ほど乾燥したころ
畳屋さんが、表替えした畳をおさめに来てくれました。

 01cc1cd4a8e4905a25761cef9f8cbe45d911ae8639

今回は 熊本の西田さん栽培のイグサを使用しました。
農林水産大臣賞にかがやくエコファーマーの作品
とてもきめがそろっていて、新品の良い香りがします。

0184898c2378b8fda61ceac354a35b6e774c099ceb

出来上がったばかりの畳に座って、畳屋さんと施主様。
よい機会なので、お手入れの方法をレクチャーしていただきました。

012f0d8bb1d0b3d4f4fca9d8205adaab64b8528ab0

作業の最終段階
ちょっとした心遣い
戸当たり部分にシリコンを貼っています。
これで扉も壁も傷つかない。

 01488c83048d5bb0f4048baeba67588adc27e35021

そして なんとサプライス!
イケダコーポレーションの今村さんが応援に来てくれました。
玄関 シューズクロークの棚板もどし作業を担当してくれました。
自分が 築地のショールームで対応して八幡さんにお願いしたのだから
クロージングはぜひいっしょにと、 営業の鑑です。

よりよい材料は、素材力+提案力+技術力+人間力で完成ですね。

 0173a8418cfbb1bed4fe3d260efa015b15b35bdb63

今村さん 、実は翌日からスイスに海外研修だったそうで
いそがしい中、取り付けありがとうございました。
たくさんの靴が入る大容量の棚。
ここはスイス漆喰の消臭機能と調湿効果が大いに発揮されることでしょう。

 01a20e97d333275c7a01f72dd1be025f5d94fa2d17

完成した室内。
お掃除ロボットがせっせと働いています(笑)。

01fa6324b35c5b66b6d20e4752d1265dafb53540af

洗面所もきれいに仕上がりました。

 01deadd16f74f93faf51abdf1abfd0cb748771f4ae

寝室 ダウンライトの明かりが灯ると、
カルクウォールのテクスチャーが浮かび上がってきます。

 011b4242ed46b145115c08dac7dd7fc4c27fc5cc60

 ダインイングルーム
明かりがさんさんと降り注ぎ、カルクウォールの白い壁が明るく拡散します。

01b5dec66c42e676968b097db7ac3328863df332be (2)

窓からみえるスカイツリーが素敵。

どうぞ、末永くお部屋とA様ファミリーを見守ってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 最後にお施主様からメッセージを頂戴しました。

これからリフォームをお考えの方達にアドバイスがあればお願いします。

今回は日がない中でのご相談だったため、自分が直接各業者さんとやりとりさせていただきました。
所詮素人なので、互いの業者さんが気持ちよく円滑に仕事ができるように配慮はしたつもりですが、
ご迷惑をおかけしてしまったこともあるかもしれません。

でも、その自覚をもった上でアドバイスをあおぎながら進めれば、むしろ実際に施工にあたって下さる方と
顔のみえる関係でより一層感謝の気持ちと家への愛着が増すように思われますので、
私のようにこういうことを楽しめる方には直接のやりとりはおすすめです。

ただし、それぞれの業者さん内に八幡工業の営業 斎藤さんのような
しっかりとしたまとめ役がいらっしゃるのは大前提ですが(笑)!
お互いにきちんと伝え合うこと、これが悔いのないリフォームのコツかもしれません。

0143234772b4c488ffc43c3995c3decfae400e27ec

(*施主A様 ご夫妻   )

**********************

ご丁寧なメッセージをありがとうございました。
お褒めにあずかり恐縮です。

スタッフ一同、今後の励みにさせていただきます。
以上、少々長くなりましたが、本当にこの度はお世話になりました。
ご縁がつながれたことに感謝しております。

すごく楽しみにされていた「塗り壁体験」ぜひ来てくださいね !!

営業 斎藤 記す

**********************

内部施工方法 05

特別付録 :今回の作業工程のおさらいです。

 


この記事へコメントする

壁をおしゃれにしたい!  DIYで左官をやってみたい!  カルクウォールのことをもっと知りたい! という方は

施工依頼・お問い合わせ・見積り依頼など、お気軽にご相談ください

お問い合わせフォーム
TEL 03-5876-3375