ホーム > スタッフブログ > モルタル造形
スタッフブログ

スタッフブログ モルタル造形

カフェの岩山はこのようにして作られた!のまとめ

八幡工業のオフィシャルブログで連載中の

「葛飾の新名所 :岩山のあるカフェ・サンワイズ!」
https://www.yawata-sakan.com/blog/18914

ショールームと併設するカフェ入口の造形岩山施工のレポートを3回にわたってお伝えしています。

 

完成した岩山内部の全体像

 

クリスマスには椅子を並べてお客様をお迎えしました。

 

夜の岩山のライトアップ

山頂のお城も照らされています。

岩に刻まれた カフェの Sun  y ‘s のサインが闇夜に浮かび上がります。

そして朝。

雨の日はこのように濡れた感じになります。

基礎部分には隆起した地層が造形されています。

アンモナイトの化石発見!

カップの窪みから健気に伸びている植物たち

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

気が付いたら、あしかけ4年。
工事の記録をまとめようと書き始めまたブログも1回、2回では終わらず
3回目の今回で完結となります。

ながながとお読みいただきありがとうございました。

現在、カフェは緊急事態宣言延期に伴い休業を延長させていただいております

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、一刻も早い事態の収束と皆さまと
ご家族様のご健康をお祈り致します。

 

時々、山の上城には鳥たちが休んでいきます。
鳥のように早く自由に飛び回れる日がきますように。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カフェの岩山はこのようにして作られた!のブログまとめ

こちらもあわせてご覧ください。

1回目は、塀の解体工事からはじまり、鉄骨、鉄筋、
そしてモルタル塗りで岩山の原型ができるところまで。
https://www.yawata-sakan.com/blog/18928

2回目は、モルタル造形の工程をお伝えしました。
https://www.yawata-sakan.com/blog/18985

3回目、岩山の完成をご紹介
https://www.yawata-sakan.com/blog/19044

「岩山ドーム」の床の玉砂利洗い出しデザイン
https://www.yawata-sakan.com/blog/18462

ビールストーンによるカフェテーブルのテラゾー仕上げ
https://www.yawata-sakan.com/blog/18865



ショールーム2020年 2月なう

気づけば 2月。

あっという間に 1と月がすぎました。
今年は 暖冬でポカポカ陽気がありがたいです。

きょうは 昨年末に リフォームしたショールームの写真をアップします。

014c36abdcf1fba9308395db2863a6ab5e613f5986

 右側に 八幡工業 ショールーム・ナチュラワイズ

 

0162e4bc7a51fd08becdc7f35656459368cf8781a0

左がわに カフェ・サンワイズ

 

01a74744c17fc9ab326f646f18223c654dba424984

まんなかに駐車・駐輪場  正面倉庫の壁には大看板

 

01988bd7a293ea25cd4a5881a197482f30e463c158

7年経過して 汚れが目立つ 塀を塗り替え、
デザインチームが花を描きました。

 

 012c332b463edb04ac66d78cf80e62939d94f82fb0

カフェの 入口の 擬石の看板もリニューアル

ロータス効果で撥水効果が高く、汚れが付着しにくい特性のある
ドイツの漆喰系左官材 Sto(シュトー)を使用しました。

01b9f6b9f462d868ab1107c43043a249660faff4f8

 
「Stoは世界シェアNO.1の塗り壁」

目地無しでも、ひび割れが少なく、ハスの葉(ロータス)効果で汚れに強い。

https://takumiya-style.co.jp/

経年による変化を見守っていきたいと思います。

 

01a8eb1b0267d1b7dd5fc8df0d44bb0aa61f68fd2a

まるで、石工に彫ってもらったもらったかのような
こちらの レリーフ プレートも 実はモルタル造形と特殊塗装で製作しました。

八幡工業では、 株式会社ギルトバンクの造形用モルタル
「ギルトセメント」を使わせていただいています。

http://guildbank.co.jp/item/456/

・・・・・・・・・・・・・・

さて、ここからは 新作のご紹介です! 

01c0e58717ae26a1b237d4da0b03dd11ba095e30b9


カフェのお客様から見える 手洗い場 きれいにしました。
モルタル造形による擬木と ペイントの漆喰壁画を施しました。

 

017d2055dd4176371449fb3a846cee884c2cf1863a

立水栓部分は 曲がった 木の造形イメージ

 

011c16c24e9cf2f4db98267aac6700e0ac90d412f6

錆びて朽ちた感じの 留め金部分   
これも 実はモルタル造形なのです。

 

0194383e01029eb440b46a8ba031976a916be5a903

*カフェ・サンワイズ 入口にあるウェルカムボード

これが 通りから見える日はカフェ営業日の合図です!
週替わりの メニューがお楽しみいただけるカフェ

営業時間|8:30〜16:00(15:30 Lo)
定休: 月曜・日曜・祝日

TEL 03-5876-3268

ランチメニュー 800円〜 
モーニング、お弁当のテイクアウト、個室での予約もできます。

カフェ サンワイズFacebookページ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、見どころ満載のリニューアルした ショールームにおこしくださいませ。

ナチュラワイズ 店舗案内 
内外の壁の塗り替え工事・リフォームのご相談はお気軽に。
塗り壁体験ワークショップ 随時開催
*店内の見学だけでも 大歓迎いたします。

 https://www.naturalwall.jp/corporate

〒125-0031 東京都葛飾区西水元 2-11-17

TEL 03-5876-3375

営業日: 月 ~ 土  9:00〜18:00 
*毎週 日曜日は定休日

 



2020 今年もよろしくお願いします。

令和二年が明けました。
おめでとうございます。

今年も八幡工業・ナチュラワイズは、
さらにデザイン左官に力を入れ
=  感動する仕事をのこしていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年の仕事から おめでたいこの一枚!をどうぞ。

個人宅バルコニーの富士山壁画

https://www.yawata-sakan.com/blog/17817

施工前の モルタル下地の二階バルコニーの様子です。

奥行と広がりのある 霊峰富士山と日本庭園の絶景に生まれ変わりました。

八幡工業では卓越した左官と美術塗装の技術でこのような特別なお仕事に対応いたします。

デザインから模型製作~現場施工までトータルでお任せください。



メリークリスマス 「岩山ドーム」 が完成!!!!

 CAFE Sun Y’s (カフェサンワイズ)の岩山ドームが完成しました。

今や 葛飾区西水元のランドマーク的な存在 となった 造形の岩山。

夜は このようにライトアップされています。

 

0123e34a057dc6da9b3dc96c560c4f496db15293a2

 

 実にあやしい

この謎の岩のかたまり、バス通り沿いにあるため、乗客のみなさん

この道路を行き交う歩行者の方々も 「あれは なんだろう」と思われていることでしょう。

あしかけ 4年 かかってもなかなか公開されなかった この岩の裏側・・・

・・・・・・・・・・・・・・

2019年 クリスマス

この岩山ドームの 内部が完成いたしました!

 ジャジャ~~~ン (^^♪ (幕が開いた感じで)

 

 岩山修正

これが内側 です!!

 

ご存じのように弊社・八幡工業は左官屋です。

ですから、見えているもの 「ほぼすべて左官」の仕事。

左官職人のプライドをかけて、腕を振るわせていただきました。

では、みどころ満載の全貌をご紹介させていただきます。

 

 01b12a8ee43058b947be27a54577c014b8564e85f1

 

まず、目に飛び込んでくる中央のテーブル。

グリーンの天板部分は

ベルギー Beal 社の 材料 ビールストーンの研ぎ出し仕上げです。

01f39d4576dd1f712c781b8185f58d4d80e540a800

 

手のひらでなでると、つるつるすべすべ~~

是非とも この気持ちの良い肌触り

みなさんにもあじわって欲しいです。

 

 01d335d2423138357454b1eec2c653756bf0d749e8

 

「まっ白い壁  」

これは インドネシア・バリ島の砂をブレンドした

タラソミックスを鏝塗りし、なめらかにおさえた壁です。

写真では伝わりにくいのですけれど 

やわらかな ”ひだ” が 立体的にデザインされています。

 

hatidori

 


壁の一部には ニッチのようにちいさな穴がいくつかあり

それぞれカラフルな デザインが施されています。

カーテンのドレープの間から あらわれたのは

水元公園から飛んできた カワセミでしょうか。

( 正解は 「ハチドリ」です!  とデザイナー谷から)

 

 01081a5f6b1a3457b1d013bb5b4e99bf9cf6af6368

こちらの棚には

サンタさんと 蝶々でしょうか。

( 正解は 「無限大・メビウスリング」です!  とデザイナー谷から)

 rasen

渦巻き型

海の生き物・貝殻のように見えます。

 ( 正解は 「らせん(フィボナッチ数列)」です!  とデザイナー谷から)

0132dd66a03081dbf89a269d25b266f058245afb4a

 

足元をご覧ください。

花や植物のモチーフをさまざまなサイズの天然石で描いたものです。

ひとつひとつ 石を選んで 並べ、白セメントで固め目地を埋めていきました。

なんとも 気の遠くなるような作業です。

019fb9d28d8e3d6117cf799c7044b0f7d5ab3a9fbc

 

おっと

石の間には

なにやら 奇妙なものがハマっています。(笑)

0175040744fc1b28260180616a7b891bb0fe54154e

 

こちらには こんな顔が 「こんにちは。」してます

あなたは いくつ発見できるかな?

 

010fe2be400d3267d42001501fb2b253969b4edcc2

 

天井にはエキゾチックなトルコの手作りランプ

01a34ad16b6143b3c33d0d0ae8496d4368c55d2ab6

 

上から見た様子です。

 

★ ☽ ★ ☽ ★ ☽ ★ ☽ ★ ☽ ★ ☽

 

そして夜 はライトアップしています。

0161fdcbd8562e6f12c5a6eed595c0ff0f9b1b5c9d


表からつながる 巨石がせり出す 岩山

今だけ クリスマスツリーと 銅製のペリカン

ありえない 人工の ナチュラルアート作品に癒されます。

linecamera_shareimage

 

 

と、ちょうどいいところに

可愛いサンタさんたちが遊びに来てくれました。

カフェの 常連のお客様のお子さんたちに 

一番最初のテーブルについて モデルになっていただきました。

 撮影にご協力 ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回は、4年の工事の軌跡をご紹介します。

やっとレポート書けて うれしい 営業斎藤でした。

最後までお読みいただき ありがとうございました。

 

 



絵本の中の家 ~ 外壁エイジング塗装仕上げ ~

千葉県の閑静な住宅街にある K様邸の新築 外壁工事を

八幡工業・左官チーム & 特殊塗装チームで連携し、

エイジング塗装により あたかも数十年たったかのような趣を演出しました。

 

【 完成した外壁 】

お客様のご希望は欧州スタイルのエイジング塗装仕上げ

ベネチアなどのヨーロッパでみられる歴史をかさねた赤い塗り壁

というなかなか難しいリクエストでした。

 

 

下地は弊社標準仕様の通気ラス + モルタル塗り

仕上げ材には、撥水効果が高く、汚れが付着しにくい特性のある
ドイツの漆喰系左官材 Sto(シュトー)を使用。

通常通りモルタルでしっかりとした下地を作成し、
まずは、ベース色の左官材で塗り上げます。

その後、この材料の特性である撥水効果を落とさない為に、
専用塗料で着色しました。

 

 

メーカー説明によると 「Stoは世界シェアNO.1の塗り壁」
目地無しでも、ひび割れが少なく、ハスの葉(ロータス)効果で汚れに強い。
カラーバリエーションも豊富な左官塗材です。

https://takumiya-style.co.jp/

* 八幡工業はメーカーの講習を受け、正規施工代理店をしています。

 


壁面に近づいてみましょう。

オレンジを基本色に経年変化や、塗り斑を表現しました。

 

 

さらに、表面のテクスチャーを拡大

まずは、鏝塗りでパターン仕上げをしたのち

深みのある、自然なエイジング処理を施しています。

 

 

西洋瓦の色とあいまって 可愛いけれど甘すぎずいいですね。

 

 

R面にあわせた 飾り窓の扉
そして、鉄格子の付いた丸窓

外国の絵本に出てくるような印象的なお家となりました。

 

・・・・・・・・・・・・・・

【 外壁 施工中の様子 】

通常通りモルタルでしっかりとした下地を作成し、

まずは、特注したレモン色の左官材Stoで鏝塗りが完了したところ。

 



ここから特殊塗装チームが、特注色のペイントで仕上げていきます。

 

(左)明るいレモンイエローのSto を 鏝で塗った状態

(右)濃い目のオレンジを刷毛塗りやスポンジでお化粧していきます。

 



*板に塗ってあるのは基本のオレンジ色の見本

 

 

お施主様、工務店の担当者と何度か確認していただきながら

色の濃さや微妙な経年変化のイメージを調整していきます。

 

 

換気口の穴の下、 の絶妙な汚れ具合

このように何層も色を重ねることによって、奥行きのある色あいを作り出します。

 

 

屋根の上に上って、破風部分をエイジング塗装仕上げ。

このように勾配がきつくて苦戦したようです。

 

 

全体のトーンを確認するため

いったんシートをめくっています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

そして 完成。足場が撤去されました。

 

 

今回の施工を依頼してくださった鈴木建設さんは、

輸入住宅を提供している全国ネットワークの

メープルホームズに加盟している千葉県市川市の会社です。

 

ホームページの施工例は、おしゃれなデザインの家を多数ご紹介していますので

ぜひご覧になってください。

https://www.suzuki-kensetsu.co.jp/

 



ショールーム 令和元年のリニューアル

2019年  新年明けてからスタートした

7年目のショールーム プチ・リフォーム

が、いよいよ完成いたしました。

https://www.yawata-sakan.com/blog/17643 (← 旧 店内の様子はこちらへ)

 

ジャジャジャジャーン

高さ2m 横幅 3.5m の間仕切り壁に すっくと伸びる樹木
まるで壁を乗り越えようとしているかのような動きのある造形です。

蝶々の羽ばたきとともに虹色のグラデーションの空

背景部分は左官下地の上に、モルタル掻き落とし仕上げを施しました。

そして木の洞には窓があります。

そお~っと のぞいてみましょう。
窓辺にランプと青いチェックのカーテンが・・

下のほうにはドアがあります。

玄関ホールの奥には階段がチラリと見えます。

これはもう まちがいないでしょう。
アリエッティみたいなちいさな生きものが暮らしているようです。

おっと! いきなり巨人が!!!
切り株に腰掛けちぃました。

じつは この造形をデザインから施工まで手掛けたふたりでした。(左:鈴木・右:谷)

着色前の 造形作業の様子

細かい彫刻を施しています。

造形ができたところで 背景の塗り壁作業

社長と専務で下塗り

2層目で、色分けのグラデーションをし
掻き落とし仕上げをしました。

さて、この壁の後ろ側は こうなっています。

社長とスタッフのシェアーデスク
天然木をふんだんに使ったログハウスのような空間です。
書類やカタログが来客には見えないように上手に収納されています。

北区の小川木材商店の大工さんに施工のご協力をしていただきました。

正面からみると 後ろが書斎になっているとは気が付かないでしょう。

奥の吊り戸の扉はすべてモールテックスの青で仕上げました。

ひょこっと木の陰から姿をあらわしたのは
守り神のフクロウさん。

おっと リスちゃん
フクロウさんに見つからないようにね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

https://www.naturalwall.jp/corporate/co_profile

東京都葛飾区のナチュラワイズでは、
「来て、見て、触れて!」塗り壁専門のショールームとして
スイス漆喰の爽やかな空間を実感していただけます。

そして、あらたに特殊造形もお楽しみいただけるようになりました。

ぜひご来店して細かいところまでじっくりご覧になっていただきたいです。
ご見学希望のかたは、事前にご連絡をお願いします。

TEL  03-5876-3375 (9時~18時 日・祝お休み )

〒125-0031 東京都葛飾区西水元 2-11-17   地図・アクセス

では、皆様のご来店をお待ちしています。



モールテックス 左官仕上げのご紹介(その2)

八幡工業が施工した モールテックス仕上げのご紹介のつづきです。

「MORTEX®」は、ベルギーのメーカーBEAL社が開発したセメントを含む
特殊建材を製造している左官塗材です。
薄塗なのに水を通さない強靭な仕上げ層をつくることができ、
優れた機能性と高い意匠性を合わせ持っているので自然素材・漆喰壁とも相性が良く
まるで石のような肌触りの独特のテクスチャーが楽しめます。

mortex

前回ご紹介のブログはこちら ↓
https://www.naturalwall.jp/blog/genba-actual/4173.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 おかげさまでモールテックス の 評判は確実に広まってきています。

数年前は建築家やデザイナーなどプロのみなさんの注目から始まりましたが
意匠と耐久性に注目した勉強熱心な方たちの間でじわりじわりと噂が拡がり
今では随分と世の中に浸透してきたようで、水道設備屋さん、家具屋さん
タイル屋さんからも関心を集めているようですね。

そんな中のおもしろい施工例からご紹介します。

今回は施主様からの希望で モールテックスを採用いただいた実例です。

IMG_2290

 茨城の戸建て新築の現場です。

キッチンカウンターの施工をモールテックスで行いました。

注目は テーブルの脚 !!

IMG_2269

アンティークのテーブルを再生利用しているのがニクイです。

IMG_2272

 Ⅼ 字形のアイランドタイプの長~いカウンター
下地は合板べニアでした。面積と乾き具合から想定して
これはふたりがかりで一気に塗らないとまずいといった感じ。

 IMG_2267

穴の開いた部分にはのちほど シンクとレンジが入ります。

IMG_2281

床の仕上げも同じ仕様で、モールテックス
コンクリートの打ちっぱなしのようにというリクエストです。

無垢材とコンクリートのコントラストが映えるおしゃれなキッチンです。

IMG_2294

 ちなみに階段もスタイリッシュです。

IMG_4563

次は 埼玉の新築戸建てのキッチン
カウンタートップのモールテックス

IMG_4585

合板ベニヤ下地にシーラー処理ののち下地塗りを施し、
乾いたところを見計らって 仕上げの鏝塗りをしています。

二層に重ねて模様ができたところでしっかりと押えます。

 IMG_4625

後日、乾燥期間を経て トップコート処理をします。
2液性の 強靭なニスでしっかり塗膜をはりつけます。

IMG_4629

シンクの巻き込みと、天板の小口の成型仕上げに苦労しました。

IMG_4632

完成しました。

このように、モールテックスのご注文はキッチンや洗面台など
いままで左官では仕上げるのが苦手だった
水回りの仕事が多くて うれしい限りだったのですが・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

最後は、なんと壁面の施工例です !!

世田谷の新築戸建て 2階のリビングです。

IMG_5241

大型の壁かけテレビの背後にモールテックスの渋いデザイン壁 (*塗りたての状態です)

IMG_5203

下地は 石膏ボード なのですが、  
重量物 壁掛けのためあらかじめボードの下には合板が貼られています。
これであとからプレートをビス止めしても安心というわけです。

IMG_5210

ジョイントとビスをパテ処理してからの全面下塗り

IMG_5232

これもまた大きい壁なので 二人がかりで施工させていただきました。

IMG_0181

 

 

 

IMG_5821 (2)

仕上がりイメージのアップです。

【 注意ポイント】

あら不思議! (これはすべての左官材料に共通しています)
ご覧の通り 塗っているときは真っ黒に見えるのが、
乾くと 濡れ色よりずいぶん淡くなるので
あらかじめサンプルを取り寄せて
確認していただくことをお勧めします。

サンプルの注文、材料のさらに詳しい情報は
モールテックス公式サイトをご覧ください。

https://o-takahata.jp/

 



モールテックス 左官仕上げのご紹介(その1)

今回は八幡工業が施工した モールテックス仕上げのご紹介です。

「MORTEX®」は、ベルギーのメーカーBEAL社が開発したセメントを含む
特殊建材を製造している左官塗材です。
薄塗なのに水を通さない強靭な仕上げ層をつくることができ、
優れた機能性と高い意匠性を合わせ持っているので自然素材・漆喰壁とも相性が良く
まるで石のような肌触りの独特のテクスチャーが楽しめます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1件目は、つくばの住宅展示場ショールームの施工例

洗面カウンターに施工

01a8e39416f62a7f13f64acb3a484e4d1f1c072ccc

目地無しでまるでコンクリート打ちっぱなしのような一枚物のカウンター

01b04145157df48cad40c41b1ecef07069c441779d

手洗いシンクは施工後の設置となります。

01ab0706299f12bab8a5fd89e3f71613c05c7a18fa

向かいあったランドリーコーナーのテーブルもモールテックス
おそろいの色:BM68 PINCTADA LIGHT

0100667d34eecdf13de5c0e2ed255255c26bad7c4a

この下地は合板ベニヤでしたが、既存のテーブルや什器の上にも施工可能です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2件目は、鎌倉のパン工房の施工例

IMG_3669

焼きあがった食パンの後ろのグリーンの壁にご注目!

 IMG_pangoya

防水性のあるモールテックスを
厨房の床と立ち上がりの腰壁に施工したので
保健所の衛生確認もクリアーしました。

IMG_4105

下地は合板のベニヤです。

IMG_4139

下地の白い一層目のあとに色付きの仕上げ材を塗っています。

IMG_4141

壁のあと床も同色で仕上げました。

IMG_4183

乾いたら翌日研磨して、専用の蜜蝋ワックスで保護。

IMG_4191

 

腰から上は石膏ボードの下地、仕上げはスイス漆喰カルクウォール
天井はスカイブルーに着色、壁との境は雲の表情になるように
グラデーション仕上げにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おしまいに もう一例

シンプルに、天板のみ。

IMG_4826 (2)

北鎌倉の雑貨屋さんでは展示用の棚板としてお使いいただいています。

IMG_4828

アンティークな手触り感がお気に召していただきました。

なにより喜ばれたのは野外に置いても、急な雨でも安心なこと。
そして、食器や展示物でも傷つきにくいことも喜んでいただきました。

難点はちょっと重たいのですが、逆に言えば安定性抜群(笑)とのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0140a8623e8f21feaa837eed89ab63d52d34f6a6f6-400x300

MORTEX Japanでは、豪華オールカラーのカタログも充実しています。
詳しい情報は公式サイトをご覧ください。

https://o-takahata.jp/

 



7年目のショールーム プチ・リフォーム

1月末よりショールーム内部改修工事の計画です。

大工さんがくる前に製品カタログや塗り見本の棚のコーナーを整理しました。

 

 

以前は塗りサンプルを飾っていましたこの壁
いったんすべて取り外しました。

 


ナチュラワイズは壁・天井が
スイス漆喰「カルクウォール」のコテ塗り仕上げ
床の無垢のパイン材にはリボス➕蜜ろうワックス
自然素材のお家の気持ち良さを感じていただける空間です。

 


基本的に通常通り営業はしています。
工事中、みなさまにはしばらくご迷惑をおかけして申し訳ありません。


ヒントは、『ミニマムな書斎』(最小限サイズの書斎)

「左官塗り壁」「オリジナル家具」「モルタル造形」による空間デザイン。
7年目のリフォームでどのような変化をとげるか楽しみにしていてください。

 

 

ご好評をいただきました ☝ 上の「掻き落とし仕上げのアールの壁」は
今月いっぱいで見納めです。ご覧いただくのは今のうちですよ~。

 

こちらのモルタル造形による、名物!「崩しレンガ調の壁」は残ります (笑)。

#インスタグラムでも工事の進捗状況を随時ご報告していきます。

yawata_kougyou

 



~塗り壁の海を泳ぐ~ ウォールアクセサリー

お客様に

「海」をモチーフにした漆喰の壁を施工させていただきました。

漆喰の自然素材としての機能に加え、

塗り壁は手仕事のぬくもりを感じさせます。

IMG_0008

そこへハンドメイドのウォールアクセサリーを取り付け。

漆喰の壁を優雅に泳ぐ木製の海の仲間たち♪

IMG_0009

白い壁からふわりと 浮いているように取り付けています。

IMG_0016

一点一点手作りのオリジナル!

デザイン、仕上げなど直接ご相談いただき、フルオーダーのかたちで作成いたしました。

IMG_3669

削りだし後、模様は着色せず、焼き色で表現。

漆喰と調和するように仕上げました。

IMG_3680

IMG_0032

壁からオリジナルの空間を提案させていただきます。

26239372_1581956818552951_4050405398372434577_n

トイレの中
すてきないこいの空間になっています。

26730810_1581956738552959_1569727038567435729_n

この洞窟のような 独特な白壁。
スイス漆喰 カルクウォールによる仕上げです。

ベースは石膏ボード
石膏系下地材Bドライで凹凸をつけて鏝塗りしたのち
カルクウォール吹付けし、最後はビニールで押さえてます。

この独特の手作り壁にピッタリあう、
一点物のハンドカービングの木製クラフト
八幡工業・ナチュラワイズならトータルでデザイン・施工致します。
ぜひ、あわせてご相談ください!

01b86e283bbfe2be5f743a08843abbbc6fd5cd6928

https://www.naturalwall.jp/form/
03-5876-3375(ナチュラワイズ)

 



壁をおしゃれにしたい!  DIYで左官をやってみたい!  カルクウォールのことをもっと知りたい! という方は

施工依頼・お問い合わせ・見積り依頼など、お気軽にご相談ください

お問い合わせフォーム
TEL 03-5876-3375